自分の個性を前向きに解釈し輝ける場を

知的

先天的に知的機能に遅れがあるお子様にとって、できないことを無理にできるようにする指導は、大きな負担となります。そうではなく、学習ではどうやったらできるようになるのかを探してみたり、できないところでなく長所に焦点を当ててみたりして、一人ひとりが前向きに楽しめるような場を提供いたします。

NEW

VIEW MORE

CATEGORY

ARCHIVE

TAG

知的に遅れがある傾向がある子どもは、他の人にはできない能力に秀でていることもあります。例えば瞬間記憶能力が優れていて一度見たものは忘れない子がいたり、読字障がいのお子様の中には文字が読めない代わりに耳から入る情報の記憶力や理解力がずば抜けていることもあったりします。突出していなくても、一人ひとりに素晴らしい個性や長所がたくさんあるため、そこに目を向けて褒めて伸ばしたり、一人ひとりが負担にならない学習方法を模索したりといった方法で、子ども達の個性が前向きに輝いていけるようサポートいたします。