社会性を育むために専門家が寄り添う

心理士指導担当職員

ソーシャルスキルを高め、社会でより多くの人々と関わっていく能力を高める指導を行うにあたり、常駐している心理士指導担当職員が主体となって子ども達に寄り添ってまいります。その一環として、ソーシャルスキルを学べるようなルールのあるゲームや遊びを取り入れ、楽しみながら社会性を身に付けていきます。

    NEW

    VIEW MORE

    CATEGORY

    ARCHIVE

    TAG

    お子様にはソーシャルスキルやアンガーマネジメントの指導と心理ケアを行って、自己肯定感や達成感を大切にした支援を行っています。そしてその保護者様からは、ご自宅でお子様とどう接したらいいのか、将来のことをどう考えたらいいのかなどといったお悩みの相談をお受けし、子ども達がご自宅でもより安心して前向きに暮らしていけるよう、寄り添って支援してまいりました。その両方を担うのが公認心理師であり、この専門家が常駐しているためより安心してお子様を預けやすく、悩みがあるときの相談の場としてもご安心いただけます。